在宅訪問について

  • HOME
  • 在宅訪問について

在宅訪問について

在宅訪問とは

在宅訪問とは
  • 飲み忘れをすることが多いので困っている。
  • お薬の種類が多くて自分では管理ができなくなった。
  • 現在の飲み合わせが大丈夫か相談したい。
  • 足が不自由などの理由で薬局に行くことが難しい。

在宅訪問を受けられている患者様やご家族様が抱えている問題を、薬剤師が解決までしっかりサポートいたします。

薬剤師による在宅訪問

在宅医療を受けられている患者様のご自宅や入居施設まで、薬剤師がお薬をお届けします。
お届け時には服用方法などの説明もさせていただき、現在のお薬の服用状況や効果・副作用を確認します。
これらを薬剤師に報告いただくことで、患者様により安心して在宅療養を行っていただくことが可能です。

薬の一包化やお薬カレンダー・配薬カートへのセットもご提案しております。
「お薬の管理や飲み忘れが出ていつも大変」といったお悩みをお持ちの患者様によくご利用いただいております。

お薬の一包化

お薬の一包化

お薬のパッケージに患者様のお名前や日付などを印字し、一回分のお薬をまとめて梱包いたします。
湿気や光に弱いものなど、お薬によっては一包化できない場合もありますので、ご了承ください。

お薬カレンダー・配薬カート

お薬カレンダー・配薬カート

カレンダー上でお薬を整理できるので、誤飲の防止・飲み忘れを防ぐことができます。

在宅訪問までの流れ

在宅訪問までの流れ

1.医師から薬剤師の訪問に同意いただいた上で、薬局とお客様の間で契約を締結します。

在宅訪問までの流れ

2.患者様から処方せんをお預かりして、お薬を調剤します。

「錠剤が大きい」や「溶けにくい」などのご意見をいただいたお薬は、粉砕したり飲みやすいお薬(錠剤・液剤・坐剤・粉薬など)へ変更したりすることをご提案します。
(処方せんはFAXからでも受け付けています。)

在宅訪問までの流れ

3.ご自宅や入居施設まで、薬剤師がお薬をお届けします。

お薬のお届け日時などのご希望にも対応いたします。
お届けの際に、お薬の服用方法などについてもご説明させていただきます。服用いただいての効果・副作用の有無など、体調の変化もしっかり確認いたします。
患者様のご希望がありましたら、お薬の一包化やお薬カレンダー・配薬カートなどもご案内させていただきます。

在宅訪問までの流れ

4.訪問後は医師とケアマネージャーに報告書を提出し、患者様の情報を共有させていただきます。

他業種の方にも情報を共有してしっかりと連携をとることで、在宅療養の質を高めています。